えぞ式スースー茶に副作用の心配なし

えぞ式スースー茶に副作用の心配はありません。

えぞ式スースー茶に副作用の心配がないことを説明するため、まずは、原材料から確認していきましょう。

えぞ式スースー茶の原材料は以下の通りです。

  • バラ科の甜茶
  • 赤シソ
  • 熊笹


バラ科の甜茶
バラ科の甜茶とは、「茶」という文字がついていますが、一般的に言われるお茶ではありません。

バラ科キイチゴ属の植物の葉をお茶として飲めるように加工したものです。

甜茶ポリフェノール、カルシウム、マグネシウム、鉄分といった栄養素が豊富に含まれていて、アレルギー抑制効果や、肥満予防効果があるとして、古くから飲まれています。


赤紫蘇
赤紫蘇には、ロズマリン酸と呼ばれるポリフェノールが含まれています。

ロズマリン酸は、花粉症を始めとするアレルギー症状に効果がある成分です。副作用の心配がないことから、天然のステロイドと呼ばれています。


熊笹
熊笹の葉には抗菌・防腐効果があり、日本でも古くから笹団子やちまきを包むために使われています。

お茶の様に飲むことも古くからされており、免疫力強化、抗アレルギー効果、解毒作用などの効果があることが知られています。


えぞ式スースー茶は、以上の3種類の原材料のみを独自の比率で配合したお茶です。

どの原材料にもカフェインが含まれていないので、お休み前に飲むこともできますし、逆に、市販薬の様に眠たくなるような副作用もありませんから、一日中好きな時間に飲むことができます。


えぞ式スースー茶の公式サイトでも、副作用が確認されていないことが明記されています。


今なら、えぞ式スースー茶は全額返金保証がついていますので、実質無料でお試しが可能ですし、毎月の定期コースも1回のみでストップすることができるので、単品でも10%オフで購入できます。

詳しくは、えぞ式スースー茶の公式サイトをお確かめください。

えぞ式スースー茶公式サイトへ

鼻づまり対策市販薬の副作用


花粉症の季節になると、「どの市販薬が効いた」ということが話題になります。

でも、花粉症の鼻水対策に市販薬を使うことはおススメできません。

なぜなら、花粉症用の市販薬の中には、長期間使い続けると、花粉などのアレルゲンがない時でもその薬なしでは鼻水が止まらなくなってしまう副作用を持つものがあるからです。

例えば、スギ花粉に反応する花粉症の方がその市販薬を使うとします。

スギ花粉の季節が過ぎ、市販薬を使うのをやめます。その時は、問題がありません。

ところが、スギ花粉でアレルギー反応を示す場合、他の花粉にも反応するようになっていくことがよくあります。

そうなると、冬以外のどの季節も花粉症で悩まされるようになります。

花粉症の市販薬はそれほどの長期にわたって使用することが想定されていないものも多く、長期間使い続けると、体がその薬なしには働かなくなってしまい、ついには、ずっとその薬を飲み続けなければならなくなってしまうのです。

そんな恐ろしい副作用がある市販薬を使う前に、まずは、えぞ式スースー茶から始めましょう。

えぞ式スースー茶
公式サイトへ